ブログ

東京都交響楽団の演奏会 2016.6.20

こんにちは!看護師の小原です。
先日、大好きなオーケストラの東京都交響楽団の演奏会に行って来ました♪
池袋の東京芸術劇場コンサートホールで、平日だというのに、さすが!満席!
モーツアルト・歌劇「後宮からの誘拐」序曲
サン=サーンス・ピアノ協奏曲5番「エジプト風」
リムスキー=コルサコフ・交響曲<ジェヘラゾード>
ピアニストの小山実稚恵さんのサン=サーンスのピアノ曲。とても優しい音色から迫力のある音にと本当に凄い!!
でも、実はこの演奏会で私の一番の楽しみな演奏は・・・・・、仲良しの打楽器の演奏をした従兄弟の奥様♡
今回はご夫婦共演ではなかったけれど、彼女の演奏が聴けてとても楽しかった♡
打楽器は、ティンパニー、大太鼓小太鼓、トライアングル、銅鑼(どら)や、タンバリン、さらには私の名前の知らない打楽器。
色々な種類があります。
あんなに大勢なバイオリンにも負けず、小さなトライアングルも存在感があり、楽器の面白さを感じます。
演奏会の後、お茶をして、「凄く恥ずかしいんだけど」と色々質問してしまい、それも楽しい時間。
母として、また音楽家の夫の健康管理など陰で夫を支える主婦として日々忙しいのに、素敵な演奏をしていて尊敬しています。
これからも増々のご活躍を!!
とてもリフレッシュ出来て、楽しい時間を過ごせました〜♪
また、次の演奏会を楽しみに頑張れそう!なパワーをオーケストラから吸収でき素敵なひと時でした。