ブログ

2016.1月のワクチンはがきエッセイ 2016.3.30

【題名 祖母の言葉】文責 看護師 小原

お正月太りした体重を何とかしなくてはと思いつつ、50肩に悩まされ、運動もついついさぼり気味。そして、母も今の私と同じ年の頃に、肩が痛いと言っていたことを思い出しました。

その頃の母と同じ年になった今、母はこんな風に思っていたのかと色々感じる事があり、あの当時は若さゆえに理解していたつもりになっていただけどという事に気が付きました。その事を母に誤ったところ、母は「私も同じなのよ。膝が痛いと言っていた母に、‘この年になったらわかるわよ‘と言われた意味が、母と同じ年になり、膝が痛い今やっと気が付いた」と。

その年にならなければ、その病気にならなければ、本当の辛さはわからないのかもしれません。
祖母の言葉を肝に銘じ、病気で痛く辛く苦しんでいたり、病院に来るのが怖く震えてしまっている子たちの心の声に耳を傾け、より一層の看護で、少しでも寄り添えるよう努力し、頑張りますので、
どうぞ本年もよろしくお願いいたします。